忍者ブログ
みくに式ダウナー系三国志ブログ。
Admin・:*:・Write・:*:・Comment
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも。蜀野です。



吉川三国志やレッドクリフなどでは、ちょっと間抜けなキャラとして

描かれている魯粛ですが、実はなかなかの策士だったのではないかと

気付いてしまいました。

(例によって、以下の文は個人的な見解です。)



周ユの死後、呉の大都督となった魯粛は、劉備との領土問題を

武力で解決しようとはせず、粘り強く話し合いをしました。

魯粛は、戦によって劉備と呉の双方の力が弱体化することは

魏を利するだけであるということを、認識していたと思われます。

つまり魯粛には、劉備に蜀を取らせ、その後平和的に荊州を返還してもらい、

三国鼎立を成立させることによって呉の安定を図ろうという

戦略構想があったのではないかと思うのです。



ところが、魯粛が死んで呂蒙が大都督となると、呉は荊州を巡る領土問題を

武力で解決しようとしました。また、揚州北部に突出した魏領である合肥に対して

執拗に出兵を繰り返します。

このことから、

・孫権は中国全土を視野に入れた展望を持ってはおらず、

部分的な領土的野心を持つに過ぎなかった。

・魯粛は三国鼎立の構想を持ち、それを実現するために

孫権を抑え込んでいた。


ということが推測できると思います。



中国第二の勢力が、最大勢力と第三の勢力との両方に対して戦を仕掛けると、

いったいどうなるか。魯粛は、その愚かさを十分に理解していたんだと思います。
PR
はじめまして。

蜀野 英雄 (しょくの ひでお)

と申します。

当ブログの、もう一人の執筆者であります。

名前が示すとおり、蜀サポーターであります。

「劉備は本当に義の人であったのか?いや、嘘だね。」という、アンチ蜀の敵将が必ず言うことに、非常に憤慨しております。

キミは劉備に会ったことがあるのかね?知り合い?え、違うの?

じゃあ、劉備がどんな人だったのか、知らないんジャン。

だいたいキミね、安めぐみちゃんに会ったこともないくせに、何で結婚したいとか言えるの?

キムタクかっこいい、とか言うけど、会ったことあるのかよ。

それにね、あのジンナイトモノリなんだけど、彼は
(以下、延々と続く)



結局、人それぞれ自由に想像しちゃってください、っていうのが歴史だと思うのです。

だって、本当はどんな人だったのかなんて、どれだけ資料が発見されても永遠にわからないんですから。

キムタクだって、本当はどんな人なのか一般人の私にはわからないしね。



私は蜀サポーターなので、蜀サイドから観た価値観や人物像を貫いていこうと思いますが、それらはもちろん私の個人的な見解に過ぎませんので悪しからず。
HOME
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[03/16 蜀漢 太郎]
[03/15 蜀漢 太郎]
[03/15 蜀漢 太郎]
[03/15 蜀漢 太郎]
[03/11 蜀漢 太郎]
バーコード
プロフィール
HN:
三国 志郎
性別:
男性
職業:
囲碁
趣味:
将棋
アクセス解析
P R
Copyright©三国志ブログ「珍三国夢想」 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 中華素材*ASIAN SOZAI
Template by わらみ~
忍者ブログ [PR]