忍者ブログ
みくに式ダウナー系三国志ブログ。
Admin・:*:・Write・:*:・Comment
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも。蜀野です。



吉川三国志やレッドクリフなどでは、ちょっと間抜けなキャラとして

描かれている魯粛ですが、実はなかなかの策士だったのではないかと

気付いてしまいました。

(例によって、以下の文は個人的な見解です。)



周ユの死後、呉の大都督となった魯粛は、劉備との領土問題を

武力で解決しようとはせず、粘り強く話し合いをしました。

魯粛は、戦によって劉備と呉の双方の力が弱体化することは

魏を利するだけであるということを、認識していたと思われます。

つまり魯粛には、劉備に蜀を取らせ、その後平和的に荊州を返還してもらい、

三国鼎立を成立させることによって呉の安定を図ろうという

戦略構想があったのではないかと思うのです。



ところが、魯粛が死んで呂蒙が大都督となると、呉は荊州を巡る領土問題を

武力で解決しようとしました。また、揚州北部に突出した魏領である合肥に対して

執拗に出兵を繰り返します。

このことから、

・孫権は中国全土を視野に入れた展望を持ってはおらず、

部分的な領土的野心を持つに過ぎなかった。

・魯粛は三国鼎立の構想を持ち、それを実現するために

孫権を抑え込んでいた。


ということが推測できると思います。



中国第二の勢力が、最大勢力と第三の勢力との両方に対して戦を仕掛けると、

いったいどうなるか。魯粛は、その愚かさを十分に理解していたんだと思います。
PR
*コメント投稿*
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
*Trackback*
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
[03/16 蜀漢 太郎]
[03/15 蜀漢 太郎]
[03/15 蜀漢 太郎]
[03/15 蜀漢 太郎]
[03/11 蜀漢 太郎]
バーコード
プロフィール
HN:
三国 志郎
性別:
男性
職業:
囲碁
趣味:
将棋
アクセス解析
P R
Copyright©三国志ブログ「珍三国夢想」 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 中華素材*ASIAN SOZAI
Template by わらみ~
忍者ブログ [PR]